施設ご紹介

特長・地域での役割

小児から高齢者まで、地域の健康を地域で守るために

宮代町には、約3万3千人の人々が暮らしており(2016年9月現在)、高齢化率は埼玉県内でも極めて高く、近年ますます「医療と介護の連携」が求められております。農業などの第一次産業が盛んな地域柄、比較的元気な高齢者が多いですが、いつ、どういった理由で病気になるか、介護が必要になるかは、誰にも予測できません。また最近では、街の再開発によってベッドタウン化が進み、交通の利便性と、豊かな自然を兼ね備えた立地から、県内外の子育てファミリー世帯から注目を集めるようになりました。そのような幅広い世代が暮らす地域のために、多様なサービスが提供できる体制を整え、小児から高齢者まで、病気の方も、障害を抱える方も、気軽に立ち寄ることができ、困った時に相談できる場であり続けたいと考えております。

3つのサービスを一体的に提供

診療所

宮代地域の「かかりつけ医」として、総合診療の姿勢で初期対応を
行っています。まずはご相談ください。

診療所イメージ01 診療所イメージ02

診療所では、総合的な初期治療と併せて、予防医療・在宅医療を推進し、近隣の急性期病院と円滑な連携体制を確保しております。町内では唯一の入院設備(19床)を有し、検査目的の短期入院から、慢性期疾患を中心とした長期療養まで、幅広い入院を受け入れております。検査設備においても、心電図、レントゲン、骨密度測定、CT、エコーなど、多様な機器を揃え、地域の皆様が早期に病気を発見し、健康に関心が持てるようサポートしております。町内には大きな病院がありませんが、詳しい検査や先進治療が必要な場合は、近隣の総合病院へ橋渡しをすることも、私たちの重要な役割と考えております。

詳しく見る

介護老人保健施設

診療所が併設されているので、
医療ニーズの高い方の受け入れもご相談下さい。

介護老人保健施設イメージ01 介護老人保健施設イメージ02

診療所併設であるため、容態が悪化した場合も迅速な対応が可能で、胃ろう・インスリン注射・在宅酸素など、医療ニーズの高い方の受け入れもご相談下さい。また、住み慣れたお部屋で、その方らしい旅立ちを支援するため、平成27年度より「看取り介護」を導入しました。今後は、老健本来の役割である在宅復帰に力を入れることはもちろん、認知症介護やご家族を支えながら看取り計画を立てていくことも、私たちの重要な役割と考えております。

詳しく見る

通所リハビリテーション

宮代地域では数少ない、専門のスタッフが連携して
リハビリを提供しています

通所リハビリテーションイメージ01 通所リハビリテーションイメージ02

現在の利用者様は、比較的自立されている要支援の方から、要介護5の方まで幅広く、お一人お一人が目標を持ってリハビリテーションに取り組まれています。また、日々のレクリエーションには創意工夫を凝らし、画一的にならないような多様なメニューをご用意しております。宮代地域でリハビリを提供している施設は限られておりますので、担当のケアマネジャーと相談していただき、介護が重い状態になる前に、積極的にリハビリを受けていただきたいと考えております。理学療法士、作業療法士に加え、言語聴覚士による専門的なリハビリ(摂食・嚥下訓練など)にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください

詳しく見る